人工皮膚のフルウィッグってどうなの?


フルウィッグ激安通販2980円>耐熱>人工皮膚

嬉しい送料無料!
頭頂部も自然で使いやすい♪
↓↓
ロゴ
アクアドールの詳細へ

人工皮膚のフルウィッグってどうなの?

ウィッグの加工方法として、人工皮膚とネット仕様の2種類があります。
どちらもフルウィッグとしては問題なく使用できますが、人工皮膚での植毛のほうが安定性があるようです。

ネットの場合は、ネットに絡みあわせているために、ボリューム感に欠けるというデメリットがあります。また分け目やつむじあたりが、ネットの場合だと不自然なために、リアル感を出したい人は、ネットをさける傾向にあるようです。

一方、人工皮膚の場合は、くくりつけるというより、人工皮膚に植えつける方法のために、髪が立ってみえるのが特徴です。立体的に見えることで、髪が元気で若々しくみえるというメリットがあります。
分け目やつむじにボリュームが出ることで、よりナチュラルさを期待できるのが人工皮膚のウィッグといってもいいでしょう。

店舗の場合、試着できるサンプルがあれば、一度、どの程度の違いがあるのか、試してみるのがいいでしょう。

なかには、分け目やつむじなどだけ人工皮膚にして、あとはネットを利用しているようなウィッグもあるようです。

仕様については、メーカーによりいろいろなので、気に入ったウィッグを見つけたら、お店の人にどのような仕様になっているのか、確認するのがいいでしょう。

気をつけたいのは、人工皮膚でもネット仕様でも熱には弱いので、規定の使用方法を守って使用することをオススメします。

それから洗濯は、洗濯機では洗わないようにしましょう。水かぬるま湯で押し洗いがベストです。もみ洗いはNGですので気をつけましょう。


耐熱ウィッグに戻る

フルウィッグ@激安通販2980円